賃貸の下見は優先順位

賃貸選びは実際に見て歩く

トップ

賃貸物件の下見の情報

賃貸物件のチェック項目

賃貸物件を探す時には、場所や家賃だけで選んではいけません。必ず下見をして選ぶようにしましょう。実際に物件を見て歩けば、良いものと悪いものの差が分かるようになります。設備が壊れたままの物件やクリーニングも行われていない物件、築年数は古くても手入れが行き届いた物件などいろいろあります。また、他の入居者の雰囲気も大切です。部屋や場所が気に入っても他の入居者が気に入らなかったり、日当たりや騒音が気になるといったこともあり得ます。また、昼間はにぎやかだけれど夜になると人通りもまばらで、女性の一人歩きはちょっと不安を感じるような場所もあります。賃貸物件のチェックすべきことは、部屋ばかりではないのです。

時間帯を変えて下見を

賃貸物件を下見する場合、注意するポイントがあります。それは、時間帯を変えて複数回行うというものです。時間が取れるのが休日の場合、静かな環境と思っても実は近くに学校があって平日の朝夕は騒々しいということはよくある話です。また、日の暮れる時間帯に行ってみると、街灯がほとんどなく仕事で夜遅くなるときには不安を感じる環境だったりすることもあります。賃貸物件なら他にも同等の内容の、もっと環境のいい物件があるかもしれません。自分自身どのような環境を好むか、そしてそれがどれくらい優先順位が高いかをよく考えて直接見てみることにしましょう。