賃貸の下見とポイント

賃貸物件の下見の大切さ

トップ / 賃貸物件の下見の大切さ

賃貸物件の下見の情報

賃貸物件の下見の際の心得とは

賃貸物件を借りる前には、内見をすることをお勧めします。これは契約をする前に、該当する物件の中を見せてもらう、いわゆる下見です。この時チェックするべきものは、まず環境と道路の広さです。引越し当日は大型トラックが入りますので、ある程度の幅の道路がないと困ります。また、近所にコンビニや郵便局があるかどうかも確認しましょう。もちろん間取り、特に広さをきちんと把握しておくことは大事です。それからTVのアンテナやコンセント、防音や日当たり、エレベーターや駐輪場の有無も調べておきましょう。また、荷物の搬入や家具のレイアウトを考える時の参考として、部屋のドアが普通のドアか引き戸なのかを調べておくといいでしょう。あと、携帯のカメラでいいので、賃貸物件では部屋の中の写真を数枚撮っておくと便利です。

物件の内見に行きましょう

自分の住む賃貸物件を選ぶとき、何を重要視しますか。間取り・日当たり・築年数・駅までの距離・家賃・設備・ペット可等々あります。最近は不動産屋を回らなくても、インターネットなどで条件を入れるだけで候補の物件をピックアップできるので、より自分の好みに合った物件を簡単に探せるようになりました。条件に合いそうな賃貸物件があったらチェックをして、一度は内見に行きましょう。同じような間取りでも方向によって光の入る量も全然違いますし、天井の高さが違うだけでも部屋の広さの感じ方がまるで違います。近所をちょっと歩くだけでも、その土地のことがなんとなくわかりますし、そこが「しっくりくるか」を身体で感じることも大切です。