賃貸の期間契約と通知

期間を決めて賃貸物件契約

トップ / 期間を決めて賃貸物件契約

賃貸物件の下見の情報

一年契約の賃貸用物件

都心、地方にかかわらずマンションやコーポ、アパートなどの賃貸物件も毎年新しく建築されており、年々増加の一途をたどっております。近年は借主の多様なニーズに対応すべく、マンスリータイプと呼ばれている1か月単位で借りることが可能な物件も増えておりまして、一年契約のマンションやコーポ、アパートなどの賃貸用物件もございます。こういった物件は、賃借用物件を借りる期間が限られた人に向いています。たとえば期間の定めのある転勤を言い渡されたサラリーマンなどです。一年間契約の賃借用物件の中には家具、家電付きのものもありますので、利用するとお得です。

一年契約と二年契約について

一般的に普通賃貸借契約は、二年契約の場合が多いです。特に大阪商圏では二年の自動更新とする契約がかなり多いです。そうなると、契約年数は実質上意味を成しません。つまり契約書上、借期間が明記されていても、契約期間満了前に貸主・借主双方が何も言わなければ、そのまま同期間で更新されるので、一年でも二年でもほぼ同じ取扱がなされることになります。むしろ、自動更新の契約の場合に意味を持つのが、解約予告期間です。つまり、契約を終了させたいと思った場合何ヶ月間に通知しないといけないかという問題の方が大きいです。マンションの場合は通常1ヶ月前ですが、賃貸物件によっては2ヶ月前に通知しなければならないものもあります。